子宮筋腫の病気は妊娠するまでは何も感じなかったが、流産に気をつけたり、保険に入れなかったり、色々大変だ。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

子宮筋腫の病気について

子宮筋腫という病気は、妊娠するまでは、何も気づきませんでしたし、生活も困った事がありませんでした。しかし、妊娠して初めて子宮筋腫があることが分かりました。流産を気をつけなくてはいけないので、妊娠初期は気をつけていました。また、出産も、帝王切開になるかもしれないと言われてしまいました。それは、なんとか避ける事が出来ましたが、子宮筋腫さえなければ、このような心配はしなくて良かったと感じました。

また、保険に入る時に、子宮筋腫があると入れない保険だったり、条件付きだったりと、保険に入るのも一苦労でした。子宮筋腫があると手術というリスクがあるからです。でも、私のは小さなもので、半年に一度、経過観察に病院に行く程度でしたが、やはりなかなか良い保険には入れませんでした。

やはり、女性は妊娠するまでに保険には入らなくてはいけないと感じました。しかし、出産してから、子宮筋腫が大きくなることもなく、生理が終わる年齢になったら、自然に小さくなるとの事で、それまで、何もしないで、待つつもりです。けがも突然ですが、病気も突然、自分に降りかかってきて、厄介なものは一生付き合っていかなくてはいけません。これからは身体に良いことをきちんとしていこうと感じました。

健康・医療・病気関連のハナシは、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.