体の具合が悪くなるという病気の兆候としての自覚症状のことなどを男女の違いということで書いています。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

病気の自覚症状と男女の違い

病気の自覚症状ということでは色々と話題になりますが、人それぞれ違っていて、個人差があるとも言われています。そうなると単に体のバランスが崩れているだけの症状なのか、何かの生活習慣病での症状なのかということは素人では判断がつかなくなっているというのが現状ではないかとも思います。例えば体の自覚症状では男性と女性だけでもだいぶ違うようで、体の仕組みも違いますので無理もないと思いますが、いくつか挙てみると、女性の場合には、肩こりが一番多くて、その次が腰痛、そして関節の痛み、頭痛、体の怠さなどが来ているようです。確かにそのような話は女性の人たちからよく聞かれます。私も何度も聞いたことがあります。

男性の場合は少し違っていて腰痛が一番で、その後肩こりで、咳や痰が出るとか体が怠いとかですが、三番目の咳や痰が出るというのは、やはりそうかという感じがします。これは特に高齢者の男性は多くて、中高年でも咳や痰が出やすいということがあり、私もそうですが自分だけだと思ったら、男性には多い特徴のようです。またパソコンなどの事務的な仕事が女性は多いので、多分目の疲れから肩こりなどが起こるのだろうと推測はできます。いずれにしろ年齢とともに色々出てくるのは確かです。

健康・医療・病気関連のハナシは、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.