秋に起こるとされるのが秋の花粉症の病気です。秋に飛散するものがあり、それのアレルギーだとなります。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

秋に起こる花粉症の病気

毎年1月の終わりぐらいから花粉の飛散状況について天気予報で知らされます。最初はまだまだ飛散も少ないのですが、2月の中盤になると本格化してきます。地域によって飛散時期が異なり、東北地方になると3月や4月などでもまだ飛散していることがあります。でも、4月を過ぎてくると徐々に飛散も落ち着いてきて症状も軽くなってきます。春は気候はいいのですが、花粉が飛散するためになかなか外出ができない季節になっています。

花粉症については春だけのものと思いがちです。実は1年を通じて起こる可能性のある病気とされています。花粉の飛散があるなら、花粉症もあると考えるべきです。春の花粉症が終われば、その後には初夏の花粉症、夏の花粉症があります。この辺りはそれほど激しくないかもしれません。問題になってくるのは秋の花粉症です。張るほど激しくないので天気予報でもそれほど予報などを知らせてくれることはありません。でもかかっている人にはつらい季節です。

対処方法は春のものと同じです。とにかく花粉を吸わないことです。マスクであったり、メガネなどで覆うことで体内に入ってくるのを防ぐことができます。人によっては花粉症であることを知らない人がいるので認識が必要です。

健康・医療・病気関連のハナシは、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.