秋は気温の変化が激しい季節です。そのために病気になりやすいです。1枚羽織るものを持って対応します。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

秋は気温の変化が激しいので病気に注意

体調を崩しやすい季節として考えがちなのが真冬であったり真夏です。真冬は10度を切ることもあり、真夏は30度を大きく上回ることがあります。でも結構体調はそれなりに維持できるものです。非常に寒い、暑いのですが、1日の温度の変動差からするとそれほどではありません。10度も変化しないでしょう。寒ければ厚着をして対応し、暑ければ服装の調整だけでなく空調の利用があります。朝と昼、夜でもそれほど変化しないのです。

その点春や秋は病気に気をつけたい季節です。春は冬の寒さがあることもあれば、気温が上昇して夏のような暑さになることもあります。秋も同様です。寒いところから暑いところになる場合、服装は比較的余分に着ていることがあります。ですから寒くて困ることは少ないです。秋は暑いところから寒くなることがあります。夏の格好をして出かけたけども、夕方から寒くなって体調に異常が出るようなことがあるのです。

対応方法としては、一枚羽織るものを持つことです。できれば風を通さないものがいいです。そうすると寒い風が吹いても遮ってくれます。また、体温を逃がしにくいので、秋の気温ぐらいであればなんとか対応できます。徐々に下に着る服を増やしていきます。

健康・医療・病気関連のハナシは、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.