原因不明の病気にはめまいがありますが、メニエル病では水分の取り過ぎによる水毒症があります。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

めまいには水毒症という病気もあります

じっとしていても、めまいや耳鳴りなどの症状に悩んでいる人もたくさんいます。ふらついて立てなくなったりする事で、社会生活に不安を抱いている人もいますし、いつ起こるか分からない事で引きこもりになってしまうこともあるのです。もし脳梗塞や脳腫瘍などの診断結果が無いのであれば問題ないので、メニエル病という診断がされることが多いです。メニエル病と診断されると、医者からは仕事上の疲れやストレスのことを聞かれますし、だいたいは点滴を受けて終わります。脳梗塞などの疑いがないということでホッとしますが、めまいなどが断続的に続いてくると、どうしても嫌になってきます。

もともと社会生活においてストレスが無いという人がいないのですが、そういったストレスという幅広い意味合いで捉えられても、病気の改善にはなりません。メニエル病の改善をするには、水分の調整が必要になります。東洋医学で言う水毒症ということになるのですが、耳の奥にある内耳に水分が多くなりすぎると、平衡感覚の調整が上手く出来ない為にふらついたり、ぐるぐると目が回った状態になってしまうのです。肝臓の影響もあるので、消化の良い食べ物に変えて内臓機能を正常にする事で改善してきます。

健康・医療・病気関連のハナシは、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.