子供は大人に比べて免疫力が低いので、病気になりやすいです。高熱が出たときは、気をつけて見ておきましょう。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

小さい子供の病気について

大人になると免疫力があるので、少し鼻水が出たりしても、数日たつと治ることも多いです。高熱が出ることも年に一回あるかないかくらいの人が多いです。もし、熱が出たとしても、病院へ行き、薬をもらって数日安静にしていれば治ります。しかし、子供は頻繁に熱を出すことが多いです。昨日までとても元気だったのに、次の日の朝に40度近い熱が出ることもあります。子供は大人よりも平熱が高く、37度くらいであれば問題ないですが、40度近くなると、ぐったりしてしまいます。4歳くらいになればある程度会話ができますが、赤ちゃんや、まだしっかりしゃべることができない、1歳や2歳だと、とても心配になります。

ただの風邪なのか、何か違う病気なのか分からないので病院に行きます。小さい赤ちゃんは高熱が出ると、熱性痙攣を起こすこともあります。熱性痙攣をおこすと、救急車で運ばれることもあるので、夜中でも高熱があるときは、なかなか寝ることもできません。高熱が続いたときに、水分まで取れなくなると、入院が必要になることもあるので、必ず頻繁に水分を取らせるようにしなければいけません。お茶だけでなく、スポーツドリンクなどをあげる方がいいかもしれません。

健康・医療・病気関連のハナシは、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.