胃の病気はさまざまですが、胃ポリープという病気について詳しく確認してみましょう。自覚症状はほとんどありません。

病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です
What's New
病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です

胃ポリープという病気について

頻繁に胃が痛くなったり胃の不快感を感じている方は、胃の病気を疑った方がいいかもしれません。医療機関を受診して何の異常もなければそれで安心ですが、受診しないまま年月だけが過ぎると状態が悪くなる恐れもあります。胃の病気には、どのようなものがあるのでしょうか?胃ポリープという病気について詳しく確認してみましょう。胃ポリープには種類があり、腺腫性ポリープや過形成性ポリープ、胃底腺ポリープに分けられます。腺腫性ポリープの場合は、胃の粘膜に委縮がみられるもので、性質が変化することで発生するポリープです。この胃ポリープに関して原因はよく分かっていません。

過形成性ポリープの場合はびらんから起こるもので、ヘリコパクターピロリ菌への感染が原因として挙げられます。さらに胃底腺ポリープは胃酸の分泌が盛んになりますが、過形成性ポリープのようにヘリコパクターピロリ菌が原因とは言えません。原因はよく分かっていませんが、女性ホルモンが関係しているとも言われています。胃ポリープだったとしても、自覚症状がほとんどないため気付きにくいのです。健康診断を受けた際に発見されることが多いので、定期的に健康診断を受けることの重要性が再認識されますね。
Copyright (C)2017病気知らずの身体にする為には、酵素が必要です.All rights reserved.